賃貸住宅はどこで選ぶのが正解なの?

駅前のチェーン店は相場を調べるために利用する

賃貸住宅を探す際には、インターネット経由で探せるようになったので、先に検索をしてから不動産屋へ問い合わせて内見予約する人が増えています。しかし、インターネットに掲載されている賃貸物件の多くが、不人気物件という実態を知らなければ、優良物件を探すことが難しくなるでしょう。
駅前の一等地に店舗を構えている不動産チェーン店は、店舗の維持費だけでも多額の費用がかかるので、大家から広告料が多く出る不人気物件を優先的に紹介してきます。インターネットに掲載されている部屋の中には、既に入居者が決まっている部屋だけでなく、最初から募集されていない部屋まで掲載されている可能性があると知っておくと良いでしょう。初めて利用する不動産とは、現地待ち合わせを行なうことが出来れば、本当に掲載されている部屋と確認出来ます。駅前のチェーン店では、地域相場を知る程度にしておけば、本当に探したい部屋を探すチャンスがあるでしょう。

地元の不動産屋と大家直接契約を狙うと良い

優良物件の多くが、大家から地元の不動産屋へ直接依頼が行われて、インターネット掲載される前に成約してしまう現実があります。優良物件の特徴を知っておけば、最初から不人気物件を避けることが出来るので、一度賃貸物件探しに懲りた人は、地元で昔ながらの営業を行っている不動産屋を狙うわけです。
地元の不動産屋では、保証人を立てた昔ながらの契約を受け付けており、優良物件の多くは保証会社への加入は任意となっている特徴があります。大家が不動産屋を通さずに直接募集している場合には、保証会社への加入を依頼されることがありますが、交渉次第で保証人を立てることも入居希望者が保証会社を指定することも可能です。優良賃貸物件は、非公開のうちに成約するという点を覚えておくと良いでしょう。